花火特別列車
0

    午後に長岡で予定があり




    行きの新潟ー長岡間は




     

    花火特別快速列車にのりました。





    先頭車輛に乗っていて、運転席の 




    ブラインドが開いていたので




    子供のようにかぶりつきで進行方向を




    眺めていました。





    前にはレールだけがあって、





    まっすぐで気持ち良くて、ついつい 





    見てしまします。





    指さし確認も何度もしていて、





    しっかり確認するには指差しが




    大事なんだーと思いました。




    この指先確認は




    指差呼称とか、指差喚呼しさかんこ)




    とも言われているそうで、




    点検時に、点検箇所を指を指して、


     



    『○○よし!』と声に出して確認する方法の





    ことだそうです。




    もともとは、日本国有鉄道の蒸気機関車の





    運転士が、信号確認のために行っていた安全






    動作だったそうですが、現在は鉄道だけでな






    く、建築、製造業、医療現場など、多くの






    分野で行なわれているそうです。




    やり方は



    1. 1.目で見て
    2. 2.腕を伸ばし指で指して
    3. 3.口を開き声に出して「○○○、ヨシ!」
    4. 4.耳で自分の声を聞く



    という一連の確認動作を注意を払うべき対象に対して行うことにより

    ミスや労働災害の発生確率を格段に下げることができることが証明されているそうです。




    しょっちゅううっかりなわたしにも




    効果的かもしれません。




    明日は村上市の防災訓練。





    目覚ましに、指差し点検して





    寝るとします。




    | その他 | 23:59 | comments(0) | - |
    | 1/31PAGES | >>